私達はある確信を持って創生水による土や植物の除染実験を行いました。その結果、放射線量が著しく減少するという公的機関の測定を受け、現在あらゆる角度から放射能除染に対する創生水の能力を検証しています。


by soseiwater

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

除染作業本番(相馬市馬稜公園内の広場)

e0242387_8293395.jpg

e0242387_830241.jpg

26日は除染作業本番です。創生水作って簡易プールに貯めます。大量の創生水が必要なので早朝からの作業です。貯まった創生水をFUKAIグリーンエマルジョンでお湯にして別のプールへ。
e0242387_8302444.jpg

ここでアクシデント!プールが水圧で壊れてしまい、せっかく貯めていた創生水のお湯がこぼれてしまいました。ショックです。
e0242387_8304939.jpg

e0242387_8311294.jpg

e0242387_8314962.jpg

散水車や消防車、そして福島原発勇志作業隊の皆さんがぞくぞくと到着しました。が、用意していたお湯の創生水が流れてしまい大慌て。散水車に積み込む創生水は用意できていますが、大量に散布する消防車用の創生水を作るために生成器はフル稼働です。
e0242387_8321028.jpg

今回の除染に協力を申し出てくださった消防の方々や勇志作業隊の皆さんと、実施する作業内容の確認です。
e0242387_8324618.jpg

作業は創生水散布からはじまりました。順調に散水は進んでいましたが、この広場は砂地のため散水車がスタック。数人で押しただけで抜け出せたのは幸いでした。
e0242387_8332016.jpg

e0242387_8333911.jpg

消防車はプールから直接取水し、ホースをのばして散水します。
e0242387_834329.jpg

消防車は長時間拘束することはできませんので、予定外の作業ですが、こぼしてしまった創生水の量を補完するため、スタッフが手作業で散布しました。

実験として相馬市から指定されたエリアだけ除染していますが、横の広い公園で多くの人が運動しています。気になって測定してみましたが、むしろ作業エリアより相対的に線量が高いのに驚きました。少し探しただけで驚く数値を示した場所もありました。とても気になりますが、我々が勝手にはできません。

作業は午前中で終了し、翌日は土壌を乾かす作業です。
[PR]
by soseiwater | 2011-11-01 18:00

最新の記事

プレゼント(富岡町)
at 2012-08-07 18:45
草刈り(富岡町)
at 2012-08-03 10:05
猛暑(富岡町)
at 2012-07-31 15:55
牧場の塩?(富岡)
at 2012-07-27 19:07
雨の日の餌やり(富岡)
at 2012-07-12 12:40
梅雨の富岡町
at 2012-07-09 18:41
雨にも負けず・・(富岡)
at 2012-07-06 18:57
去勢(富岡)
at 2012-07-01 20:18
吉沢牧場長が創生水を1日に飲..
at 2012-06-30 18:24
いくらでもやることはあります..
at 2012-06-29 19:23

ブログパーツ

以前の記事

2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

想い

1994年に創生水が生まれて今日まで、数多くのご支援をいただきましたが、多くの誹謗中傷にもさらされました。私達は公的機関の検査を受け、その証明書を公表して創生水の能力を訴求しています。今回の放射能除染に対する創生水の驚くべき結果においても、同じ事が繰り返されています。今までの常識が覆る時、不利益を被る方はどうしてもおられますが、よりよい未来につながりますよう、私達の現実をできるだけタイムリーにお知らせしたいと思います。

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧