私達はある確信を持って創生水による土や植物の除染実験を行いました。その結果、放射線量が著しく減少するという公的機関の測定を受け、現在あらゆる角度から放射能除染に対する創生水の能力を検証しています。


by soseiwater

プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

吉沢牧場長が創生水を1日に飲んでいる量

6月21日の記事でエム牧場(希望の牧場)の吉沢牧場長さんの体内放射能測定値の推移をご紹介したところ、1日どれくらいの創生水を飲んだ結果なのかを問い合わせるご質問のコメントをいただきました。

コメントには返信しないことになっていますが、これはきちんとお伝えするべきであるということで、ご報告します。当初私たちは吉沢牧場長に対し、1日1升瓶2本、約3.6リットルくらい飲んで下さい。とお話していました。

ご本人に確認したところ、実際には1升瓶1本と少々、約2リットルの創生水を毎日飲んでおられるという事です。創生水はご注文に対して1升瓶6本入りの箱詰めで配送しております。ですから単位が1升瓶何本というようになります。瓶を使用するのは理由があるのですが・・・。それはまた。

e0242387_18212414.jpg

富岡町からまた写真が送られてきていますのでご紹介します。先日の写真でも紹介したタンクを切って作った水飲み場です。
[PR]
by soseiwater | 2012-06-30 18:24

いくらでもやることはあります。ふぅ〜(富岡)

e0242387_1919765.jpg

牛たちは囲いの中で生活していますからエリアは広ほどいいに決まってます。ここはこれから広げる放牧エリアです。

e0242387_19203364.jpg

今は柵を作るための穴掘り作業中です。

e0242387_19214163.jpg

水は常時必要ですから今日は井戸にポンプを設置しました。
[PR]
by soseiwater | 2012-06-29 19:23

色々作ってます。(富岡)



e0242387_18484039.jpg

あるものを利用して必要なものを作ります。写真はタンクを半分に切って、水飲み用の容器をつくりました。

e0242387_18511192.jpg

出入りしやすいようにゲートを作りました。

それから何度も記載させていただいておりますが、ブログ上ではコメントに対して返信をいたしませんので、ご質問があれば長野の創生ワールド(0268-25-9422)までお電話いただければ幸いです。
[PR]
by soseiwater | 2012-06-28 18:54

ホールボディカウンターによる測定検査証

原発20km圏内での作業従事により、地域住民でもない私たちの社員がホールボディカウンターで被曝量を測定していただけたことは先の記事でお知らせしました。

その結果を受けて原発から14kmの地点で生活するエム牧場(希望の牧場)の吉沢牧場長が創生水の飲用を始め、その後の結果を紹介してまいりましたが、検査証に検査機関の押印がないことを指摘する方がおられました。

その旨を測定していただいたクリニックに告げると、押印した検査証を再発行してくださいましたのでご紹介します。過去記事(5月7日投稿)も併せてご覧下さい。

e0242387_18363519.jpg

検査は3つの大きな医院を持ち、数少ないホールボディカウンターが設置されている医療法人 誠励会のひらた中央クリニック(福島県平田町)で行ったものです。赤丸は見やすくするためにこちらで付けました。

e0242387_18384489.jpg

吉沢牧場長の創生水飲用開始は1枚目と2枚目の間、2月20日です。
e0242387_18393629.jpg

高度に被曝したエリアで生活を続ける吉沢牧場長の体内放射能が、このような短期間に8割以上減少したことは、医師も高く評価していることを再度お知らせしておきます。
[PR]
by soseiwater | 2012-06-21 18:48

水びたし(富岡)

富岡町からまた写真が届きました。

e0242387_18393286.jpg

台風の後に牛の様子を見に行くと、な・な・なんと新しく広げた柵の中は水浸し。水はけがとても悪いみたいです。

e0242387_18394950.jpg

あわてて排水溝を作りました。これで少しは早く水がひいてくれるでしょう。
[PR]
by soseiwater | 2012-06-20 18:44

水やり(富岡)

e0242387_16353768.jpg

エム牧場(希望の牧場)では組み上げた井戸水から創生水を作り、元々あった給水施設を利用して牛に与えていましたが、ここ富岡の施設では水やりが一番の大変な作業です。

e0242387_16355497.jpg

牛たちも我先にと水を飲みにきます。お待たせしたみたいですね〜。ごめんなさい。
[PR]
by soseiwater | 2012-06-16 16:41

とうもろこし50袋(富岡)

e0242387_19294278.jpg

今日も富岡から写真が届きました。スタッフもかなり慣れてきたみたいです。なんだかさまになってきた?

e0242387_19304399.jpg

とうもろこしが入荷しました。牛の大好物だそうです。

e0242387_19314738.jpg

獣医師の安藤さんが、ボランティアで牛の診察をして下さいました。色々な方々から援助していただき、牛たちも喜んでいることでしょう。
[PR]
by soseiwater | 2012-06-15 19:34

わらロール(富岡)

放射能除染の実験も一段落し、現在は富岡町に社員が張り付いておりますので、富岡の情報ばかりになってきていますが、せっかく担当者が写真を送ってくれるので、できるだけアップしようと思います。

e0242387_18182774.jpg

今日は大量のわらロールが搬入されました。

e0242387_18193077.jpg

e0242387_182168.jpg

これでしばらくは食糧の心配はないかな?

話が少しずれますが、わらや草ばかり・・というか、それしか食べてない牛が、太い骨を作り、肉を育て、ミルクを出す。不思議に感じませんか?

これは生体内で原子転換が行われているからです。創生水の飲用で体内放射能の半減期を大きく上回る早さで被曝量が減少したデータを掲載しましたが、その事のヒントもこのあたりにあるのではと思います。

メカニズムが解明されていませんから、あくまで仮説にすぎませんが、私たちは創生水の持つ活性水素・・あらゆる物質の基本となる原子番号1の水素が、働きかけて原子転換が行われているのではないか・・と考えています。

チェルノブイリの原発事故後に研究され体内被曝量の減少に有効と発表されたアップルペクチンは、放射能を吸着して対外へ排出します。ただし他の有益なモノも同時に排出してしまいます。創生水の場合は少し違うように思いますが、作用の実態解明は、なかなか難しいようですね。

<番外情報>
放射能関係と違いますが、盛岡冷麺で有名な「ぴょんぴょん舎」さんの12番目の店舗が東京スカイツリー内で営業しておられます。もちろん創生水の生成器も設置されています。(ぴょんぴょん舎さんは工場も含め、全店舗で創生水を使用しておられます。)

今では超有名店ですからご存じの方も多いでしょうが、行列の出来るお店「ぴょんぴょん舎」にぜひ行ってみてください。だされるお水も創生水ですから飲んでみてください。
[PR]
by soseiwater | 2012-06-14 19:32

続・エリア拡張工事(富岡)

e0242387_22502053.jpg

ここ数日の工事の模様が送られてきましたので紹介します。

e0242387_2251389.jpg

e0242387_22512162.jpg

ボランティアの遠藤さんと松村さん、ありがとうございます。

e0242387_22524087.jpg

今までより格段に広くなり、牛たちも嬉しそう?
[PR]
by soseiwater | 2012-06-13 22:53

餌やり(富岡)

e0242387_15552079.jpg

富岡町では牛を囲い込んでいる以上、餌やりが一番の仕事となります。松村さんお疲れ様です。

e0242387_15562636.jpg

e0242387_15564199.jpg

ブロッコリーをいただきました。ありがとうございます。

e0242387_15572095.jpg

あっという間に牛のお腹の中に消えてしまいました。ブロッコリーも好きなんですね〜。
[PR]
by soseiwater | 2012-06-12 15:59

最新の記事

プレゼント(富岡町)
at 2012-08-07 18:45
草刈り(富岡町)
at 2012-08-03 10:05
猛暑(富岡町)
at 2012-07-31 15:55
牧場の塩?(富岡)
at 2012-07-27 19:07
雨の日の餌やり(富岡)
at 2012-07-12 12:40
梅雨の富岡町
at 2012-07-09 18:41
雨にも負けず・・(富岡)
at 2012-07-06 18:57
去勢(富岡)
at 2012-07-01 20:18
吉沢牧場長が創生水を1日に飲..
at 2012-06-30 18:24
いくらでもやることはあります..
at 2012-06-29 19:23

ブログパーツ

以前の記事

2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

想い

1994年に創生水が生まれて今日まで、数多くのご支援をいただきましたが、多くの誹謗中傷にもさらされました。私達は公的機関の検査を受け、その証明書を公表して創生水の能力を訴求しています。今回の放射能除染に対する創生水の驚くべき結果においても、同じ事が繰り返されています。今までの常識が覆る時、不利益を被る方はどうしてもおられますが、よりよい未来につながりますよう、私達の現実をできるだけタイムリーにお知らせしたいと思います。

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧