私達はある確信を持って創生水による土や植物の除染実験を行いました。その結果、放射線量が著しく減少するという公的機関の測定を受け、現在あらゆる角度から放射能除染に対する創生水の能力を検証しています。


by soseiwater

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

希望の牧場(M牧場)で実験準備

e0242387_13263967.jpg

e0242387_13271857.jpg

9月14日、希望の牧場(M牧場)においても牛の体内被曝に対して創生水が及ぼす効果を調べる予備実験の準備が始まりました。牧場のあちらこちらに、吉沢牧場長が歯を食いしばって書いたスプレー文字があります。
e0242387_972598.jpg

原子力発電所の爆発煙が自宅の2階から見えたそうです。その時の想いはとても言葉では言い尽くせないものだったでしょう。「決死救命」吉沢牧場長が前向きに動き出すために書いたスローガンです。
e0242387_13323741.jpg

当日の空気中放射線量です。決して低くはありません。
e0242387_13344857.jpg

実験は出来るだけ年齢や体格が揃ったメス牛を2頭ずつ牛舎の檻に入れ、10頭は創生水で飼育し、10頭は通常の水で飼育することで体内の被曝量がどのように変化するかを調べます。
e0242387_13352479.jpg

創生水の給水工事です。生成器はM21GWを設置しました。
e0242387_13363911.jpg

牛を選別して牛舎内の所定の場所に入れるのも一苦労です。隔離して飼育するための餌を牛舎の通路に入れ、出入り口を鉄パイプで柵をしておきました。
e0242387_13373931.jpg

しかし、翌日行ってみると他の牛が柵を破って中に入り、餌を全て食べてしまいました。キレイに清掃しておいた牛舎内は牛の糞だらけになりました。がっかりです。

それでも実験を始めるために、開始前の状態を把握する作業は行わなければなりません。牛20頭の尿を採取する必要があります。しかし、牛が放尿を始め、それを受けようと近づくと放尿が止まります。人間と同じで緊張するとダメなようです。
e0242387_13384565.jpg

2日にわたってトライしましたが、採取できた尿は2頭だけで、それも100cc程度と話になりません。そこで後日、獣医さんの手を借りて採取することになりました。何事も簡単ではありませんね。
[PR]
by soseiwater | 2011-09-27 13:51

校庭で除染実験終了

e0242387_12542652.jpg

9月14日に原町第二小学校で行っていた実験を終了しました。校庭で行われていた表面汚染土壌の穴埋めも、ほぼ終わっていました。
e0242387_1255468.jpg

e0242387_12561118.jpg

創生水による除染実験を行った2つのエリアの土を採取し、検査機関に持ち込まなければなりません。
e0242387_12574678.jpg

地元のマスコミも興味を持って取材に訪れました。
e0242387_1258343.jpg

プール状にしたエリアの土は、水分だけ蒸発させて水に含まれる放射能が土に止まるようにします。
e0242387_1302932.jpg

晴天が続き、ダンプカーがしきりに出入りする当日は風もあり、空気中の放射能の影響でハンディ測定器の数値がめまぐるしく変動していました。
e0242387_13123155.jpg

採取した土は検査機関に持ち込みます。結果は後日お知らせします。
[PR]
by soseiwater | 2011-09-27 13:04

希望の牧場で生体除染の試み

e0242387_802358.jpg

事故のあった福島原子力発電所から14km地点にあるM牧場。ここは今「希望の牧場」というプロジェクトが活動を行っています。(詳しくはwebで)
http://fukushima-farmsanctuary.blogzine.jp/

私たちはここで、汚染された草を食べたりすることで体内被曝をした牛たちの除染に取り組みます。創生水を牛に与えることで体内被曝を軽減する試みです。

何も知らない人は無謀な実験と思われるかも知れませんが、以前、創生水でおこなった様々な実験から、十分その可能性はあると判断してのことです。

e0242387_8185373.jpg

この実験は、普通の水を飲むグループと創生水を飲むグループに分けて隔離し、尿と血液により体内被曝の変化を測定するというものです。
e0242387_8272668.jpg

検問を越えて20km圏内に入り、放牧されて定期的に餌を与えられているM牧場の牛を視察後、他の 牧場を見に行くと多くの人がおり、見学を拒否されました。飼い主が不在となった牛の安楽死(殺処分)が行われるところだったようです。

牧場の視察後に、実験開始に向けてのミーティングが行われました。実験結果に大きな期待を寄せられます。9月の中旬に牛の年齢や体格を見てグループ別けをし、牛舎に入れて最初の予備実験を行います。
[PR]
by soseiwater | 2011-09-27 08:43

小学校の校庭で除染実験

e0242387_5575329.jpg

この写真は8月末に撮影した南相馬市立原町第二小学校の様子です。校庭の土を5cmはぎ取り、校庭の一部に大きな穴を掘って埋め、全体に新しく汚染されていない土を5cm被せるという工事の途中でした。この横で私たちも創生水を使った除染実験を行いました。

しばらくの間、私たちは実験で得た多くの測定証明書を持って、電力も含め各方面に働きかけました。しかし、多数の企業がアプローチしており、煩雑さからでしょうか、まともに検討してもらえない状態が続きました。

また、証明書で記された創生水の除染効果は、何故そうなるのかが解明できいないことから採用できないとの返答も多くありました。

私達は論より証拠だと思います。理屈は後からでも解明すれば良いことであり、効果があることが確認できたのなら、いち早く利用し除染する事が、汚染地域に暮らす人々の願いではないのかと思います。

e0242387_6145224.jpg

私たちの実験は、工事現場の横で行いました。まずエリアを区切ります。1カ所は防水した中に、工事ではぎ取られた校庭表面の土を入れます。もう一カ所は、はぎ取り工事をせず、そのままの状態でエリアを区切るだけです。前者(Aエリア)は水が溜まりますが、後者(Bエリア)はしみ込んで行きます。

e0242387_617499.jpg

Aエリアをハンディの測定器で測ってみました。もちろんちゃんと土を採取し、公的機関に測定を依頼します。

e0242387_623361.jpg

大型の創生水生成器です。学校の水道水を原水にして創生水を作ります。そして田んぼでの実験と同じくFUKAIエマルジョンで創生水を暖めます。

e0242387_6261448.jpg

エリア内に創生水を注入します。手前がAエリアで、奥に見えるのがBエリアです。

e0242387_6281792.jpg

注入が終了したAエリア。向こうの工事現場では、防水シートが穴全体に敷かれました。奥に積まれている汚染された校庭表面の土を穴の中に入れるというのですが・・・。

e0242387_6320100.jpg

手前がBエリアです。満たされた創生水は徐々にしみ込んでいきます。Aエリアはプール状態です。数日後に土と溜まっている水を採取し、放射能を測定します。

地元の方もハンディの測定器ですぐに数値変化が確認されましたが、空気中の放射能の影響も大きいことや、天候による表土の乾き具合や風による放射能飛散等も影響することが解っており、ハンディの数値ではなく、サンプルを持ち帰って他の影響がない状態で測定した公的証明書を基準に判断しなければなりません。結果はまた報告いたします。
[PR]
by soseiwater | 2011-09-27 06:50

飯舘村の田んぼの放射性元素測定結果

前記事の実験結果をお知らせします。まず、飯舘村農業委員長の田んぼA地点から採取した土の測定結果です。
e0242387_581295.jpg

e0242387_583127.jpg

ご覧のように、セシウムは合計で17,100 Bq/Kgもの値が測定されました。

次に創生水に3日間浸したA地点の土を3カ所に分けて採取し、測定を依頼した結果です。
e0242387_5122266.jpg

e0242387_5124167.jpg

ご覧のように1,680 Bq/Kgであったヨウ素131は69~94 Bq/Kgに減少。17,100 Bq/Kgであった3種類のセシウムの合計は、1,488〜2,400 Bq/Kg と大幅に減少しました。
[PR]
by soseiwater | 2011-09-27 05:18

飯舘村の田んぼを除染

e0242387_4472366.jpg

放射能汚染事故を受けて3月下旬からは汚染地域の土や植物の除染実験を行い、4月から5月には飯舘村の農業関係者の皆さまのご協力を得て田んぼの除染実験を行いました。

e0242387_4495692.jpg

除染実験をするにあたり、飯舘村の皆さまに使用する創生水の解説と、創生水の様々な能力を実験で見ていただく講演を行いました。

e0242387_4525238.jpg

農業委員長の田んぼの土を採取し、日立協和エンジニアリングの分析・試験技術部に線量測定を依頼します。

e0242387_4561939.jpg

e0242387_4575577.jpg

大型の創生水生成器で生成された創生水をFUAKIエマルジョンで暖めてから田んぼに注ぎ込みます。

e0242387_459814.jpg

飯舘村の皆さまにも大きな期待をかけていただきました。
[PR]
by soseiwater | 2011-09-27 05:00

はじめに

「アレクセイと泉」という映画をご存じでしょうか?

これはチェルノブイリ原子力発電所の事故において、最も深刻な放射能汚染地域にあった小さな村を題材に、本橋成一監督が制作された映画です。
この村の森はチェルノブイリとおなじくらい汚染されていましたが、この村の人々は避難せず、この村で生活しつづけました。
この映画はこの村人たちと、この村にある全く汚染されていない不思議な泉を題材にしたドキュメンタリー映画です。

この事実は放射能に対する水の力を提示しています。

私たちは水の力を知っています。水ならなんでも良いというわけにはいきませんが、本当に力ある水なら、あらゆるものを健全な状態に導いてくれるという事実を知っています。
私たちが放射能汚染地域に対していち早く創生水をお届けしたのも、創生水による除染実験に取り組んだのも、これらの知識があったからです。

ボランティア活動から除染実験にいたる過程の紹介はさておき、このブログでは出来る限り、私たちの最新情報をお伝えしたいと思っております。当初行った土や植物の除染実験の結果は、創生ワールドのHP http://www.soseiworld.co.jp でご覧下さい。
[PR]
by soseiwater | 2011-09-26 00:00

被災されたみなさまへ

平成23年3月11日(金)午後に発生した巨大地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

そして、被災された皆様、そのご家族の皆さまへ、心よりお見舞い申し上げます。された皆さまが一日でも早く通常の生活に戻れることを心よりお祈り申し上げます。
[PR]
by soseiwater | 2011-09-01 00:00

最新の記事

プレゼント(富岡町)
at 2012-08-07 18:45
草刈り(富岡町)
at 2012-08-03 10:05
猛暑(富岡町)
at 2012-07-31 15:55
牧場の塩?(富岡)
at 2012-07-27 19:07
雨の日の餌やり(富岡)
at 2012-07-12 12:40
梅雨の富岡町
at 2012-07-09 18:41
雨にも負けず・・(富岡)
at 2012-07-06 18:57
去勢(富岡)
at 2012-07-01 20:18
吉沢牧場長が創生水を1日に飲..
at 2012-06-30 18:24
いくらでもやることはあります..
at 2012-06-29 19:23

ブログパーツ

以前の記事

2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

想い

1994年に創生水が生まれて今日まで、数多くのご支援をいただきましたが、多くの誹謗中傷にもさらされました。私達は公的機関の検査を受け、その証明書を公表して創生水の能力を訴求しています。今回の放射能除染に対する創生水の驚くべき結果においても、同じ事が繰り返されています。今までの常識が覆る時、不利益を被る方はどうしてもおられますが、よりよい未来につながりますよう、私達の現実をできるだけタイムリーにお知らせしたいと思います。

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧