私達はある確信を持って創生水による土や植物の除染実験を行いました。その結果、放射線量が著しく減少するという公的機関の測定を受け、現在あらゆる角度から放射能除染に対する創生水の能力を検証しています。


by soseiwater

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プレゼント(富岡町)

e0242387_1837322.jpg

牛たちは地元の方や、各方面の方々から嬉しいプレゼントをいただくことがあります。放射能に汚染されてしまった事は牛たちにとって大変不幸なできごとですが、こうした人の善意に囲まれることは、嬉しいことだと思います。
[PR]
# by soseiwater | 2012-08-07 18:45

草刈り(富岡町)

e0242387_9563059.jpg

刈り払い機で草刈り作業です。放っておくと回りはすぐに草だらけになります。刈り払い機を使うのも少しの間なら楽しいのですが、あまりにエリア広いと大変です。











e0242387_1005153.jpg





刈り取った草は牛に与えますが、牛たちはこの草を喜んで食べます。干し草と異なり、水分があるからて美味しいのでしょうか?
[PR]
# by soseiwater | 2012-08-03 10:05

猛暑(富岡町)

e0242387_15483140.jpg
じめじめした梅雨時とは打って変わって、猛暑の日々。
東北だから少しは涼しいかといえば全然そんなことはありません。

太平洋高気圧にすっぽり入ってしまえば北から南まで猛暑の日々が続くみたいです。

この暑さの中でも牛たちの食欲は旺盛で餌のわらロールに群がってきます。

元気ですね〜。
[PR]
# by soseiwater | 2012-07-31 15:55

牧場の塩?(富岡)

e0242387_1955769.jpg

久しぶりに富岡の牧場から写真が届きました。でもコメントは「牧場の塩」とだけ・・・。牛に塩分を与えるのでしょうか?よくわからないですが、とりあえずアップして意味が解ったら更新しま〜す。
[PR]
# by soseiwater | 2012-07-27 19:07

雨の日の餌やり(富岡)

e0242387_12355325.jpg

梅雨があけるまでは雨の日の餌やりはつづきます。人間は晴れてくれた方がもちろんいいんですが、牛はどうなんでしょうか?人間ほど雨を苦にしてないのかもしれませんね。
[PR]
# by soseiwater | 2012-07-12 12:40

梅雨の富岡町

e0242387_18375213.jpg

これは井戸の中を覗いた写真です。水位がぐんぐん上がっています。

e0242387_1839198.jpg

柵を壊して牛が数頭逃走しました。柵の応急修理も含め、また仕事が増えました。カウボーイじゃないので捕まえるなんてできませんが、今までの経験上、食事になれば戻ってくるかな?
[PR]
# by soseiwater | 2012-07-09 18:41

雨にも負けず・・(富岡)

e0242387_18533438.jpg

この時期は、梅雨前線苦しめられます。我々は天気が悪いとブツブツ文句を言ってますが、牛たちは雨にも負けず、風にも負けず頑張ってます。といっても文句を言えないだけで本心は・・・?
[PR]
# by soseiwater | 2012-07-06 18:57

最新の記事

プレゼント(富岡町)
at 2012-08-07 18:45
草刈り(富岡町)
at 2012-08-03 10:05
猛暑(富岡町)
at 2012-07-31 15:55
牧場の塩?(富岡)
at 2012-07-27 19:07
雨の日の餌やり(富岡)
at 2012-07-12 12:40
梅雨の富岡町
at 2012-07-09 18:41
雨にも負けず・・(富岡)
at 2012-07-06 18:57
去勢(富岡)
at 2012-07-01 20:18
吉沢牧場長が創生水を1日に飲..
at 2012-06-30 18:24
いくらでもやることはあります..
at 2012-06-29 19:23

ブログパーツ

以前の記事

2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

想い

1994年に創生水が生まれて今日まで、数多くのご支援をいただきましたが、多くの誹謗中傷にもさらされました。私達は公的機関の検査を受け、その証明書を公表して創生水の能力を訴求しています。今回の放射能除染に対する創生水の驚くべき結果においても、同じ事が繰り返されています。今までの常識が覆る時、不利益を被る方はどうしてもおられますが、よりよい未来につながりますよう、私達の現実をできるだけタイムリーにお知らせしたいと思います。

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧